新サービス検討のためのフレームワークと思考実験

illust-image08

シェアリングエコノミーの新サービスを検討するには、先述の4原則をクリアする方法を考えていく必要があります。

  1. 埋もれた余剰資源の模索
    まずは、どの分野でシェアリングエコノミーを始めるか。
    例えばAirbnbは創業者が自宅の空いている部屋をみて、これを旅行者に向けて有効活用できないかと考えてサービスを始めました。このように自分の身の回りにある余剰資源とそれを使ってくれそうな未来のユーザをイメージすることが最初のスタートになります。

    experiment01
  2. 既存市場の限界利益
    ビジネス面での数字も検討する必要があります。あなたが車のシェアサービスを始めようと思ったら、既存市場のライバルはレンタカーなどが該当するでしょう。
    シェアリングエコノミーはほとんど場合は既存市場より利用価格が安価である必要があります。
    値段だけがウリではありませんが、利用単価の節約というのはシェアリングエコノミーユーザのモチベーションとして上位にあります。
    プラットフォームの構築費用や余剰資源の維持費用や事務局費用をさっ引いても既存市場と戦えるだけの値段設定が可能かどうかを算出しましょう。

    experiment02
  3. リスクを超える信頼関係構築のハードルの高さ
    シェアリングエコノミーは既存市場よりもリスクを伴いがちです。
    見知らぬ他人と何からの資源をシェアするわけですから、その接点において様々なリスクが伴います。
    車のシェアであればどこかに連れ去られるかもしれませんし、空き部屋の提供であれば部屋を汚されるかもしれません。
    リスクの内容はサービスによって大きく異なります。
    それらを乗り越える手段も様々です。
    アズママという子育てシェアのサービスではリアルイベントを頻繁に開催してママ同士が顔を合わせる機会を増やすことで信頼性を向上させています。
    一方でこの場合はリアルに顔を合わせる範囲でしか規模を拡大させることができないトレードオフを抱えています。

    experiment03
  4. シェアリングエコノミーに向くもの、向かないもの
    上記のような思考実験をしていくと、シェアリングエコノミーに向くものと向かないものがぼんやりと見えてきます。
    こちらは2011年時点のシェアリングエコノミーの参入機会のある分野を示した図ですが、今でも十分に使える内容です。

    シェアリングエコノミー

    この図にあるようなシェアリングエコノミーの発展を支えたのは先述したテクノロジーの進化です。
    つまり今後発展可能性のある分野とは、次の時代のテクノロジーのトレンドと相性の良い未開拓の埋もれた資源があるような領域です。
    今のテクノロジートレンドだと例えばIoT、ビッグデータと分析、ウェアラブルなどがあります。
    全てのデバイスがネットワークに繋がることで今までアクセスすることが困難だったような資源をシェアすることが可能になるかもしれません。