シェアリングエコノミーのリスク

illust-image11

シェアリングエコノミーは新しい考え方であり、既存市場に挑戦をする場合が多くあります。ある意味で法律の抜け穴を使って過剰なサービスや管理コストをかけないことにより安価なサービスを提供しているため、国や自治体や既存業界から思わぬ規制がかかる場合もあります。

例えばUberが福岡でサービス提供を始めた際には既存のタクシー業界から規制がかかりました。airbnbは旅館業法では看過できない場合が多くあり、海外でも多くの地域で規制がされています。ベビーシッターのマッチングサービスを使って事件が起きたこともあり、ベビーシッターを国家資格にしたり登録制にするという動きもあるようです。

様々なリスクが付きまとうシェアリングエコノミーですが、ポジティブな面もたくさんあります。むしろ既存の業界に一石を投じて世界をより良く変えていこうという活動が根底にあるので、衝突は当然ながら避けられません。辛抱強く交渉を重ねたり、ボトムアップでムーブメントを作ったり、官公庁にロビー活動を行ったり、マーケティング的にパーセプションチェンジを起こすような活動が必要になることでしょう。

risk01